スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM監督日記 INDEX

St.Pauliも3シーズン目に突入したので、INDEXを作成します。

- St.Pauli
07-08 :1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
08-09 :1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
09-10 :1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
スポンサーサイト

Roma その2

シーズン中盤を越えて、後半戦。
失速が見られるローマでしたが、フォーメーション変更で何とか凌げるでしょうか。
これまでの4-3-3から4-5-1に変更。
1DM2CMFから2CMF1AMに変更し、両脇がインサイドフォワードだったところを
守備的ウィングに変更しました。

今までの私の目論見では、両脇の二人とCFトッティによって
攻撃時の組み立てを行い、そこからデロッシとブラッドリーの2CMFが飛び込んでいくという理想を思い描いていたのですが、最初のうちは両脇の個人技でどうにかなっていたものの、最近の評価点の低さからみるに、恐らくそれが通用しなくなって頭打ちになっていた気がします。
要するに、思った程このシステムが機能していなかったと。。。
ブラッドリーとデロッシは二人とも特別に攻撃参加を得意としたMFではないですし。
通りで今まで攻撃陣が奮わないわけです。

そこで、3位に位置するローマが6位サンプドリアを迎える大事な一戦。
フォーメーション変更を敢行し、功を奏したか期待の新人FW、Corneriusが二得点をたたき出し、2-1で勝利。
これにより、サンプドリアは上位からやや脱落といった形になりました。Juve,Milan,Roma,Intel,Napoliの5チームが上位を占めている形に。よし、大事な勝利だった。
恐らく、Corneliusは新加入したこのチーム、なんて攻撃に数をかけないチームなんだ、辛い...。と思っていた事でしょう。これからに期待。思えば、攻撃シーンはずっと両脇IFのごり押しが多かったもんね。

続くは、ラツィオとのローマダービー!

FM2013 Roma、ビッククラブへの道

ここに迷い込んできた皆さん、こんにちは。
かか~です。

余計な挨拶は割愛し、久しぶりにFMを再開したために
メモがてら、ブログに記録を残したいと思います。
というのも、プレイをしながら思いましたが、
こうしてプレイ日記をつけながらプレイする事で、
自分のプレイを顧みる良い機会になるんですね。
ただでさえガサツな性格なので、このような機会がないと
自分のプレイに対する緻密さや正確さが疎かになってしまう、しかしFM界においては、
その緻密さ正確さが疎かになってしまう事は命取りであります。

なんだかんだの長い説明はさておき、始めます。




...続きを読む

FC St.Pauli 09-10/5月戦績

5月1日 ドイツ第1ディビジョン第31節
 (A) vs Duisburg


前節の教訓を元に、アウェイながら攻撃的4-4-2で試合に臨む。
Ozilが良い調子だったので、今日は先発起用。
2トップはSoaresとBernburgです。Parks・・・ごめんよ。

12分、SirlのロングボールにSoaresが反応し、相手DCとのスピード勝負に勝利。
後はGKと1対1、冷静に押し込んで先制点。

その後も立て続けにシュートチャンスが訪れるが決め切れない。
Ozilはほとんどのチャンスに絡む活躍をしてくれている。頼もしい。

51分、またしてもAndronicの所から抜かれて失点(;´Д`)
個人の問題というよりはKumがプレスを仕掛けにいったのに、Andronicがその背後をカバーしにいかなかった。
連携の問題なのかな・・・もう10試合くらいはKumと組んでるはずなんだけど。

残り10分になって、相手は4トップにシフト。
でもそこまで強力な攻撃を持っている訳でもなかったし
内容的には勝たなきゃいけない試合だったので、攻撃的な戦術をそのままにする。

するとそれが功を奏して、86分。
Djurdjicのスルーパスで抜け出したBernburgが決めて勝ち越し。
すぐさま守備的に切り替えて、勝ち点3をゲット!
これで順位は5位と、UEFA杯圏内に入っちゃいました。

1-2 WIN

WS000087_20080523145543.jpg



5月5日 ドイツ第1ディビジョン第32節
 (H) vs Werder Bremen


Szukalaが復帰もまだ全く戦える状態ではないので、首位が相手でも関係なく攻撃的4-4-2。
来季は4-4-2で戦うかどうか迷っているので、この試合で試したいという意味合いもある。
Zanevが累積でEgerが先発、Ozilは疲れ切ってしまったのでDjrudjicとHusicの2MC。

13分、Husicが相手PA前でボールを奪われ、カウンターを食らう。
うちはMCを二人とも攻撃参加させるため、不用意にボールを奪われると、とても危険。
今までは不用意に奪われる事もなかったが、やはり優秀な選手が揃っているチームだとそうもいかないようです。
AMCに独走を許し、最後は華麗なミドルシュートを決められて失点。

んーやはり一筋縄ではいかないか。
Bremen相手だと全くチャンスが作れない。
特に中央での1対1が、他チームに比べて堅いから、なかなかこじ開けられない。

前半ロスタイム、左サイドでボールを受けたSoaresのクロスを走りこんだDemaiが角度のない所をヘッドで決めて同点。
この試合、サイド攻撃だな!とこのシーンでようやく思った。

67分、Sirlのクロスが逆サイドまで渡り、ボールを受けたRamiresのシュートが相手DFに当たってゴール。
なんとも幸運なゴールを手にして、首位Bremen相手に逆転成功。
すぐさま1トップに切り替えて、早くも引き篭もり体勢。

今日はルーマニア代表監督が見に来ているせいもあってか、Andronicが非常に良い。
たまに裏を抜かれるは抜かれるけど、タックルが非常に冴えている。
そのお陰もあって、見事守り抜くことに成功。
首位Bremenに土をつけました。ルーマニア代表監督ありがとう!

2-1 WIN

WS000091_20080523150107.jpg



5月8日 ドイツ第1ディビジョン第33節
 (A) vs Rostock


中2日の試合だったので、大半の主力は温存。
正直、UEFA杯に出場すると来季はリーグ戦を戦えそうにない気がするので
勝敗はどうでも良いといったスタメン、戦術です。

7分、Langenが高い位置でボールをカットして、Bernburgへのスルーパスが通り先制点。
勝たないでも・・・いいんだよ?

18分、Langenのクロスを相手DFがはじいてルーズボールに。
それをParksがワントラップでシュートして追加点。これは・・・(;´∀`)

39分、Ramiresのスルーパスで抜け出したBernburgが決めて3-0。

そのまま一方的な試合が続く。相手は降格がかかってるっていうのに気迫がないなぁ・・・。

85分、Eduardoの見事なロングシュートが決まって4-0。
Eduardoのミドルシュートといえば、ゴロでGK真正面へのシュートしかなかったんですが
初めて強烈なカーブのかかったシュートを見ることが出来ました。

そういえば、試合前、試合後のキーマンにAndronicが挙がってるんだが何故だ。

0-4 WIN

WS000088_20080523145831.jpg



5月12日

UEFA杯決勝が行われました。Barcelona vs R.Madrid。
ここでクラシコやってどうすんのさ・・・。
結果は延長戦の末、2-1でBarcelonaの勝利。


5月15日 ドイツ第1ディビジョン第34節
 (H) vs Nurnberg


ついにやってきた最終節!ホームです。
これに勝てば無条件でUEFA杯出場が確定してしまいます。
地味に3連勝中だったりする。4連勝でシーズンを終える事が出来るのか。

このNurnbergとの前回対戦は、サイドのRosalesという選手に相当苦労した。
あと、KennedyというオーストラリアのタワーFWが居るんだが、今日のうちのDCは身長が低くて心配。
前回はSzukalaが完璧にシャットアウトしたんだけどね。

試合は両者打ち合いの展開に。
相手も4-4-2フラットなので、うちの2MCを両方攻撃参加+メンタリティも攻撃的に。
そのせいもあってか、相手にも押し込まれたりで、一進一退。

後半73分、Sirlが高い位置でカットしてParksにスルーパス。
角度のないところからParksがバー直撃のシュートを決めて先制。
あらら・・・これはUEFA杯決まったかな・・・。

84分、CKから失点を許し同点にされる。

引き分けに終わったが、同勝ち点で並んでいたSchalkeが敗れたため、5位フィニッシュでUEFA杯出場。
あらら・・・よかったのかな・・・。

1-1 DRAW

WS000089_20080523145941.jpg



WS000090_20080523145957.jpg

こちらが最終順位。
今月は3勝1分という素晴らしい成績でした。
最後の試合は適当に采配しちゃったので、もしかしたら4連勝もいけたかも。

5位の賞金、1.47Bを手にしました。
今季は700M程の赤字だったので、これで黒字になったかな。
首脳陣が銀行残高に懸念を示していたので、これで不安もなくなるでしょうか。
それと来季はスタジアム拡張と練習施設拡張頼むよ。


5月19日

CL決勝。Chelsea vs Interです。
結果はInterが2-1でChelseaを下しました。


次回はシーズン総括。

FC St.Pauli 09-10/4月戦績

4月4日 ドイツ第1ディビジョン第27節
 (A) vs Schalke


開始早々Samardzicが削られて負傷交代。
Andronicを投入しようと思ったらいない!
間違えてベンチ外に入れていたようだ。
仕方ないのでEduardoをDCに起用。

慣れないポジションのせいか、ガンガン裏を抜かれる。
それと、アーリークロスがかなり意識的に放られてる気がする。
何度も危機を迎えるが、Borgerのファインセーブに助けられて前半は終了。

後半51分、CKからの失点を許す。

その後も立て続けに裏へ抜け出されては、Borgerのファインセーブに助けられる展開。
それとKumも今日はがんばっている。
アーリークロスにやられているなぁ・・・。
4-4-2にして攻勢を強める事に。

すると後半ロスタイム、Bernburgのスルーパスで裏へ抜け出たSoaresがゴール!
すぐさま引き篭もり戦術にシフトして、勝ち点1を得る事に成功。
強豪相手にアウェイで勝とうなんて思ってなかったので、オーケー。

1-1 DRAW

WS000082_20080523144438.jpg



4月10日 ドイツ第1ディビジョン第28節
 (H) vs HSV


いよいよホームで迎えたダービーマッチ。
前回対戦では、アウェイで引き分けに持ち込む事が精一杯だったけど
今のSt.Pauliならやれるはず。攻撃的戦術で臨む。

8分、この試合で復帰したSirlのクロスをSoaresが合わせて先制点!
ほんっとにSoaresは点を決めてくれる。Parksは2トップじゃないと使いづらいので
今ではリザーブチームに居る状態。いいのかな・・・キャプテンなのに。

34分、右サイドを突破されてからの失点。
最近は先発を任せてるChahedだが、ゆるすぎる。
プレスを仕掛けるタイミングも怖すぎるし、マークもあまり上手ではない。
再三右サイドを突破されてます。こりゃ交代だ。

43分、今度は左サイドからの突破を許しての失点。
最近両サイドバックの守備がボロボロだ・・・。
簡単に突破を許して、DCがサイドに引っ張られて、中央が空いて失点というケースが多い。

今日は一方的にSt.Pauliが攻める展開が続く。
後半も常に攻撃を仕掛けるが、ゴールには至らず。
途中Soaresが負傷してしまって、2トップに変える事が出来なかったのがちょっと痛い。
結局ゴールは決まらずに、試合終了。
相手シュートは4本内、枠内は僅か2本。その2本をゴールにされた・・・運が悪かった。
内容は100%こちらの勝利だったので、実に悔しい。

1-2 LOSE

WS000083_20080523144615.jpg



4月13日 ドイツ第1ディビジョン第29節
 (A) vs Bochum


今期僅か1勝で最下位独走中のBochumとの対戦。
Parksを使ってやりたかったので、久しぶりに4-4-2で臨む。
相手が相手だし、大丈夫だろ。
他にもSirlやらZanevやら、開幕からがんばってる主力達はお休み。

24分、EttoのクロスをBernburgが合わせて先制点。

44分、LangenのCKをBernburgがニアでワントラップして
反転しながらのシュートがゴール。技ありでした。
ところで、いつもCKのボールがニアに飛んでいくんだけどどうしたらいいのか・・・。
ファーポストに蹴れ!って指示してるにも関わらず、毎回ニアにあげては、入りそうにないヘッドでゴールキックになる(;´Д`)

前半ロスタイム、Andronicが1対1で簡単にドリブル突破されて失点。
うーん・・・仕方ないのかなぁ・・・。

後半開始直後、LangenがPKをゲット。
Langenがそのまま決めて、3-1。

76分、代わって入ったOzilがLangenとのワンツーで抜け出してゴール。
期限付きで加入したOzilだけど、とても良い印象。
特に中央で使ってやると、効果的な動きを見せてボールに絡んでくれる。
このゴールもスペースへの素晴らしい飛び出しからのゴールだった。
中央、サイド両方をこなせるから、来季うちに居てくれると助かるんだけどなぁ。

久しぶりの4-4-2だったけど、最下位相手に無難な勝利を収めてくれて一安心。
主力選手も何人か休められたし、Bernburgの復調や、Ozilに目処が立ったのが収穫でした。

1-4 WIN

WS000084_20080523144734.jpg



4月16日

なんと、Ozilが若手年間最優秀選手の最終候補者に残りました。
しかも有力候補の5人の中にも挙げられている。
まぁ・・・あまり良い若手が居ないって事ですかね。
その5人の中に17歳の架空選手も入ってるし。


4月17日

ドイツカップ決勝が行われました。Stuttgart vs HSV。
結果は1-0でStuttgartの勝利。
HSVはUEFA杯もベスト16まで進んで、ドイツカップも決勝まで残って
過密日程だったんでしょうね。おかげでリーグ戦の成績が奮わないと。
まぁSt.Pauliサポーターは優越感に浸れるってものです。


4月22日

UEFA杯がスペイン祭りです。
準決勝のカードはAt.Madrid vs Barcelona,Zaragoza vs R.Madrid。
てかバルサとレアル何やってんの・・・。


4月24日 ドイツ第1ディビジョン第30節
 (H) vs Hannover


もう30節まで来たかー早いものだ。
今季絶好調で5位につけているHannoverとの対戦。
9日の空きがあったので、ベストメンバー、ベストコンディションで臨む。

3分、Andronicが振り切られて失点。
やっぱりダメだ・・・Andronicじゃあ・・・。

その後も何度もAndronicの所から崩される。
これじゃあDFラインの前に3枚MF置いてても意味がない。
そう思って、後半開始から攻撃的な4-4-2に変更。

相手はだいぶ守備的に進めてきている様子。
最終ラインも堅くて、なかなか崩せない。

76分、千載一遇のチャンス到来。
Bernburgが倒されPKを獲得!
キッカーは誰だ・・・ペナルティスポットに居るのは・・・Andronic(;´Д`)
なぜお前が蹴るんだ!外す予感がぷんぷんするぞ!

そして例のごとく外しやがりましたorz
まぁ出場しているメンバーでは一番PK能力が高かったんだけどね・・・はぁ。

83分、Ettoに代わって入ったDemaiのアーリークロスはSTに合わず逆サイドへ。
逆サイドに居たSirlがダイレクトで折り返すと、Soaresが合わせて同点!

何とか同点に持ち込んで試合終了。
Andronicが最終ラインに居る以上、中盤を厚くしても意味がない模様。
次節からは試合開始から4-4-2で攻め立てる事にします。

1-1 DRAW

WS000085_20080523145251.jpg



WS000086_20080523145302.jpg

1勝2分1敗。今月は勝ち越す事は出来ませんでした。
ダービーでの敗戦がとにかく悔やまれる・・・勝てた試合だったのに。
SamardzicとSzukalaが今季はもう戻れそうにないので
残りの試合のAndronicの出来次第になりそうです。
順位は未だに6位をキープ。まぁこの辺は団子状態ですからなんとも。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。